猫とワタシ

春 と 夏 と 秋 と 

2008年より縁あって猫と暮らし始め大切なその愛しい足跡を綴っていけたらと思います

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する回想


以前、他サイトへ書き置いた春との縁を綴った日記ですが
ここへ書き置きたくて抜粋しました。
以下2008年の春の事です。


2月中旬の事。
それは単なる思い付きのようで自分でもどうして?と、その時の心境を思い出せない程衝動的な言葉で友人に伝えてた。
「ロシアンブルーの子猫なら飼いたい」
きっかけなんてなかった。
もちろん猫も犬も好きだったし、飼うなら散歩が出来る犬がいいと家族も言ってたし
漠然とそんな老後も良いかもくらいに身近にはまったく感じてなかった。

たまたま知ったの。
ロシアンブルーは毛が抜けにくいって・・
友人が迫ってきたわけでもなく、動物保護のボランティアを友人がしてる事もずっと以前から知ってた。

私の言葉の後に友人は言う
「ロシアンブルーはめったに出会わない。保健所では何年かに一度くらいかな・・」
その時ほっとしている自分を覚えている。
上手く説明出来ないけど自分の言葉に自分が一番驚いていたから・・

そんな出来事を忘れかけてた約半月後の3月5日未明、夢を見た。
子猫ではないけれど、若いロシアンブルーと私が陽射しを前に過ごしてる。
自覚はなくてもどこか深い意識の中で望んでたためなのか・・
飼えたら素敵かもしれない、どんな感じだろう・・なんて思ってた時もあったから。

次の日3月6日お昼休みメールにて連絡が入る。
子猫じゃないけれど1~2歳のロシアンブルーが昨日保護された・・って。
友人は「どうする?過ごしてみる?」
迷った。不安だった。嫌なのじゃなく。子猫じゃないからじゃなく。
仕事を持つ自分を信用出来なかった。
子供の頃に抱いた寂しさを猫にさせるのではないか、私はちゃんと里親ができるのだろうか・・

「ロシアンブルーならすぐに里親は見つかると思うから無理しないでいいよ」
きっとその一言で渡したくなかったのね私
「過ごしてみたい」とメールしてました。
「でも昨日の事だからもう里親の方が決まってるかも知れないし、行くのは明日なので期待しないで待ってて」
「縁があったら来る子と思ってます。決まってしまってたらその方に縁があったのでしょう。それはそれでいいと思ってます。」

3月7日夕方その猫ちゃんは我が家に来ました。
まん丸な目を見つめながら問うてみる。

あなたが呼んだの?私が呼んだの?
夢の猫ちゃんはあなたなの?
私と人生を過ごしてくれますか?

ちょっと不思議なHalとの出会いでした。
春

スポンサーサイト

この記事のみを表示する窓辺にて

春と夏


今日の札幌は雨でした。
窓ガラスに流れ落ちる雫が楽しいのか一時ふたりは夢中になります。
これで雪が降ったらどんな反応なのかなぁ・・と楽しみ(*^.^*)

hana6.jpg
早朝と夕方窓を開けるとこんな光景が多くなりました。

hana7.jpg
朝夕食後の恒例になってて忘れてると開けて開けてと催促♪


夏は早食いで春はゆっくり食べます。
夏は小食で春はあるだけ食べます(^^;
時々お互いのご飯を交換しそうになってママに止められます。
相手のご飯が美味しそうに見えるのかなぁ・・
春は今のカリカリ意外は下痢になるのでママは断固阻止なのです壁】ー ̄)

この記事のみを表示するふたりの世界

春と夏

なんなんでしょう・・・
今日は一度も喧嘩を見てません。
寝室で寄り添いながら寛ぐふたり・・

hana3.jpg
単身赴任の主人のベッドはすっかりふたりのもの(*^.^*)

秋の気温が眠りを誘い穏やかに目覚めたからでしょうか?
オロオロするのは飼い主ばかり・・(ーー;)

この記事のみを表示する早朝の夢

春と夏

私事ですが夢をみました。

そこは砂漠地帯にわずかな森林があるオアシスのような場所で
迷路のような町に私と春は住んでました。
町には人々が猫と共に暮らす風景・・春と私は散歩しているようで同じように猫と散歩してる人達と行き交う。
平屋の大きな建物があってドアは透明で所々に点在。
私の側を春は時々私を見上げながら歩いている。
「楽しい春?」「にゃ~ん」と言いながら・・そんな感じの時
遠くの方で人と猫の悲鳴が聞こえ皆がこちらへ向かって走りこんでくる。
ライオンのようなトラのような白い猛獣が見えたと思ったらもう目の前・・
ドアが一枚あって猛獣が私を追い抜いた時春が来ないようにとっさに閉めた。
ドアの向こうへ春を置いて私は逃げた・・
どのくらい走ったか・・猛獣は見えない・・
逃げた時の春の顔が何度もよみがえり、もしかするとあの透明なドアを猛獣は壊したかもしれないと思えて悲しくて悲しくて・・抱いて逃げる事も出来たのにと後悔・・
とにかく春を迎えに行こう、猛獣はどうでもいいと思えて戻るのだけど
人も猫も春もいない・・
泣きながら春を呼び続け自分を罵った。
馬鹿だ馬鹿だ馬鹿だ・・・と思っていると目が覚めたのでした。

夢とすぐに自覚出来たけどとっさに横のベッドを見ると春はすごい寝姿で(完全仰向け四肢を広げた状態)・・(ーー;)
ほっとしたのでした(笑)
夏は最近私の太腿あたりで寝ています(*^.^*)

ふたりは最近仲が良くありません。
春が夏を襲い彼なりに満足してソファーで寛ぎはじめると夏が反撃に行きます(^^;
反撃してサッと逃げるんだけど再び春に火がついてしまいます。
体格さで夏が勝てるわけもなく・・で、春を止めてしまう私。
執拗に繰り返される時ケージに春を閉じ込めた事もあります・・

だからかなぁ・・こんな夢を見てしまったのは・・
もっとふたりを信じて待たなくてはね・・

夏
夏よ大きくなれ・・

春
ふたりとも大好きだよ

この記事のみを表示する2週間

春と夏

夏が来て2週間。

ケージを出てからの夏は春の側が一番安心するらしくて
春に怒られてもまたすぐ側に行く・・
春の怒る理由もわかるし夏の寂しさもわかるし・・
ママは仲良く過ごしてくれると安心だけど
どちらかの肩をもつとどちらかが悲しい顔になるので
どちらも放って置く事にしてます(笑)
春の攻撃が長引く時は音を立てて止め夏を撫でてしまうけれど・・(^^ゞ
でも・・日に日に怒る事が少なくなって来てる。
夏のタイミングが良くなったのか、春が夏を理解出来てきてるのか・・。

最近はご飯とおやつの用意の時にふたりで並んで待つ姿もあったり
昼も夜も眠る時は猫団子?状態
おトイレもお互い気分によって交互に使ってて
でも今日ちょっと感じた事・・
夏のおトイレを春がチェックする事が多い。
夏が使った後中に入って砂をかける春・・そういう性格なの春?
だから夏が用を足してる時おトイレの前には春が居る・・(笑)

昨夜夏を初めてお風呂へ入れました。
入れて洗うまで抵抗されたけど
100均で購入したタライの湯船に入れると急に静まった。
怖がるというより気持ちよさそうに感じました。
きっとまた嫌われるだろうなぁ・・と思ったけどそうでもなくて良かった(*^.^*)
夏のくしゃみが多くなって来たのでインターフェロンの注射液を薄めた点鼻薬を昨日から使用し始めました。

掃除機をかけると春も夏も隠れてしまうけれど
終わると夏はすぐに出てきて春はなかなか出てこない。
春は呼んでも来なくて探して見つけてやっと出てくる。
性格の違いがわかる(笑)

もうずっと一緒に暮らしてるように感じてたけど
まだ2週間なんだね・・

夏

春と夏

haru1.jpg

ウォータードームを買いました。
時々だけど春も夏も飲んでくれてます

この記事のみを表示する密会

春と夏

ママの知らない所でそれは行われてました・・

土曜日の今日ママは半日勤務。
明日はお休みだからたっぷり遊んであげよ~♪・・なんて思いながら帰路へ・・
自宅ドアを開けると春がお出迎えしてくれてそして夏が少し離れた場所からお出迎え。
ただいま~と、ナデナデベタベタしてると下の娘(大学生)が慌ててやって来て
「春と夏が一緒に寝てた~(*^0^*)」と言うのです。

聞けば私が帰宅する2時間程前に春と夏が静かなので気になって探すと
私の寝室でベッドにふたりが寄り添いお昼寝してたそうな・・
私の帰宅で起きちゃったって・・ウ~ム・・(T_T)

幸いな事は娘が携帯で写してくれてた事

春と夏
腕の太さが見て取れる・・(笑)

春と夏
いゃん♪ママも入れて~(*^.^*)

春と夏
春が幸せそう~・・♪

春と夏
夏、積年の恨みでしょうか?・・(爆)

一喜一憂しながらもここまで来ました。
私の心配なんて吹き飛んじゃって・・
それを見せてくれた春と夏
どんなお礼がいいのかしら・・
今夜のおやつの焼きササミ・・増量する?(*^.^*)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。