猫とワタシ

春 と 夏 と 秋 と 

2008年より縁あって猫と暮らし始め大切なその愛しい足跡を綴っていけたらと思います

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する回復傾向

春と夏

まだ断言は出来ないのですが
ふたりの関係は回復してきました

春の威嚇は昨日から聞いてません。
お留守番の時はわからないですが・・
猫団子もまだですが・・

ご飯もこんな風に仲良く(*^.^*)

春と夏

台所でお行儀悪くですが・・(笑)
用意してるうちにふたりで食べ出したので今回は特別に見守りました♪

一番の効果はお留守番だったのかなぁ・・


夏


夏にまた洋服を作りました。
レッグウォーマーはもう脱げちゃうほどゆるゆるになったので
私のパジャマ生地ですが伸びる素材なので自由に動いてくれてます


早く洋服いらなくなるといいね~夏



そして新しいカメラを・・

カメラ

全然使えてませんが・・(・・;)

この記事のみを表示する避妊手術の経過 Ⅲ

春と夏

記事を事細かく記してる一番の理由は保護主さまに読んで頂きたくて。
でも読んで下さる方が飽きてしまうかもしれません。
また画像がないのは夏の状態を考慮し刺激を少なくしたかった為です・・ご了承ください(_ _*)

退院2日目です(土曜日)

朝にカリカリ微量と水分補給を注射器で済ませ内服させて出勤。

こんこんと眠る夏ですがそれは術後ですから当たり前と捉えましたが
その場からまったく動く気配がありません(目覚めても)
毛艶は悪くないように見えグッタリとも感じ取られない・・
やはりカラーのせえ?
気持ちを夏に残し半日仕事へ。
この日はたぶん私はハイテンションな仕事ぶりだったでしょう・・
同僚にも言われました「帰宅急いでる?」

午後帰宅すると夏はすこしグッタリに感じました。
目力がないのです・・
考えた挙句お昼寝の後病院へ電話し受診する事にしました。
それもまたストレスになっちゃうなぁ・・と思いながら。

病院では皮下点滴を施行。
元気はないが傷も綺麗で異常はみられないと言われ
一応水分を入れましょうと点滴になったのです。

帰宅しDrに缶詰の許可を頂いたので食べさせるとしっかり食べてくれました

そして夏が寝ている隙に自分で始めから術後服を作る事に。
生地は柔らかいものがいいだろう・・
私の夏用のパジャマで何度か使用したものがあったはず・・と思いつき
タンスを探してる途中あるものが見つかりました。
そうだ!これいいかも?♪
これならきっとジャストフィット



夏



        私がジャズダンスで使用したレッグウォーマーです



夏




夏


前足の部分を夏に合わせて切り込みを入れ
首周りがきつくないよう少しハサミを入れ
後ろ足両付け根部分(人で言うと骨盤骨頭)にも動きを妨げないようハサミを入れました。

まだ改良の余地はありますが・・
傷部分にガーゼ地の布を内側から縫い付けたほうが良いですね
私のお休み後のお留守番が心配なので両後ろ足にかけひものような物を。

夏に着せると10分程で行動し始めました・・ヨカッタ
カリカリもちゃんといつもの量を自分からいつもの場所で食べます。
お水も飲みます。
おトイレも術後初めてウンチしました
まだ寝ている事は多いけれどもう大丈夫と感じてます。

冷蔵庫もキャットタワーも制覇。
お転婆再開ですが・・・



残す所問題はこの子・・


春


でも今日(日曜日)は一緒に並んでご飯を食べました。
時より威嚇しながらも(笑)



ねぇ春、夏の鼻先まで来て目の前でシャーというのはどういう考えからでちゅか?



この記事のみを表示する避妊手術後の経過 Ⅱ

春と夏


帰宅しお家です。

キャリーを見て身構える春。
キャリーから出てみぃ~みぃ~♪と、夏は一目散に春の元へ・・
そして春の威嚇・・(ーー;)
ウゥゥゥ・・シャー・・シャー
夏は悲しげにミーミーと・・。
予想はしてたけど、ほんとに気の弱い春です

それでも夏が初めて来た時のような他の部屋へ移動するわけでもなく夏が近寄らなければ普通で
近寄っても飛び掛ったり攻撃もしません。
ちょっとだけ振り出しに戻っただけと思う事にしました(笑)

夏は寝床を探してました。
はじめはケージがいいのかなぁ・・と入れてみるのですが嫌だったようです。
どうやら居間に居たそうなのでソファの上に。
でも落ち着かないようで・・
いっそお布団を引こうと居間に用意。
夜にいつも寝てたように私の毛布も持ってきて見るとそこへ落ち着きました。

寝床は確保。
でもご飯を食べません。
春と一緒なら食べてくれると踏んでたんですがその期待はみごとに崩されました・・
お水も飲まないようなので注射器で飲ませ、コクコクコク・・と飲む。
カリカリをお口へ入れてみると安心出来たのか1回量の四分の一程を食べお薬も飲んでそのまま就寝。
私もその日から一緒に居間のお布団で寝てます。

深夜です。
夏の鳴き声に気付き起きてみるとおトイレの中で鳴いてました。
どうやら排尿したのにエリザベスカラーが邪魔で自分の尿に上手く猫砂を掛けられないでいたようです。
そうして良かったのかわからいけど砂をかけて上げると出てきました。

かかり付けのDrは10日間の猶予をもって抜糸の考えです。
とても慎重・・慎重過ぎない?
春の時は可哀想と思いながらも10日間我慢させましたし
2歳過ぎという体格から夏より重そうには感じられなかったし
春は外側にある性器で夏はお腹の中。
負担が違いすぎる考えから手術前に術後服を購入してました。
Drには秘密ですが・・
でも私の計測ミスからそれは大き過ぎて手直しが必要。

自慢じゃないですが
私は和服はアンサンブルまで仕上げられますし
襟付きの簡単なスーツも仕上げますし
ジャズダンスサークルの舞台衣装も手がけました。
なのに・・
夏の服は上手くフィットさせてあげられません・・(T_T)ナゼダ・・

次の日は半日勤務の土曜日。
夏をお休みの娘に任せ出勤。
一日考えました。
仕事中の合間、TVを見ながら、家事をしながら・・頭の中は夏の洋服を描いてました。

夏はエリザベスカラーのせえで飲食を自分からしません・・

続く・・

この記事のみを表示する避妊手術後の経過

春と夏


昨夕の午後5時30分頃に病院へ向かいました。

手術は問題はなく無事に終了。
術前の血液検査はどの数値も正常のギリギリ上位の値でしたが
事前に一日多く入院したためのストレスで特別問題はないと伝えられました。
全身のレントゲンでは猫が脂肪をためる場所(腹部)が細身ながらも少し多く気をつけた方が良いかもしれないと・・食べさせすぎてたようです(笑)
そして一番気になった事は腰椎が6本と言われました。
猫は7本の子と6本の子がいて6本の子は将来(シニア以降)腰を痛めることが多いそうです。
気をつけなきゃ夏・・お転婆だからなぁ・・

夏は怯えながら連れて来られると震えながら私に抱きつきました。
春のときは一目散にキャリーへ入り込んでたっけ(笑)

夏は入院中ほとんど食べずお水もあまり飲まなかったようで
「もしも帰宅しても同じ状態なら明日連れて来て下さい」と言われ少し不安に・・。
お薬は痛み止め3日分と抗生剤6日分処方されました。

お礼を言って病院のドアを開けると初雪が・・
みぞれ混じりでしたが初雪でした
「夏~雪だよ~♪でもこんな時に初めての雪だなんてね・・
寒さに震えながら病院を後に。
春が待つ暖かなお家へ車を走らせました。

続く・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。