猫とワタシ

春 と 夏 と 秋 と 

2008年より縁あって猫と暮らし始め大切なその愛しい足跡を綴っていけたらと思います

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する夏の寝床

春と夏


昨日のお休みに夏のベッドを作りました。

夜には私の足元で眠る夏。
気をつけててもきっと私は寝返りをうってる事でしょう・・^^;
その度移動してると思われ・・

春も夏もどうしてなのかたった一枚の私のガウンがお気に入りで
出来るだけ広げて2猫で使えるよう工夫するのだけど
仲良く使う時もあれば
春が僕だけ!!っとガウンにしがみ付く夏を襲撃する事も多々・・
真夜中、夏の声に気がついて春から保護。
私のベッドへ寝かせるけどきっとガウンが恋しいよね・・と感じてました。

肌触りの良い毛布やタオルケットを置いてみたり
私の毛布を置いてみたりでも駄目・・なんで?私の足元じゃ使ってくれるのに・・
お昼寝に夏がよく使う長座布団を持って来ても駄目でした。

夏が夜に落ち着ける少し堅めで厚みのないクッションつきのベッドをネットで探しましたが
作りが小さい ^^;
まだまだ夏の事を理解出来てるとは言えないけど
たぶん夏は回りを囲んだ形で、でも窮屈よりは広いほうが良くて
クッションは厚みのある物より薄手で
囲みは私と春が見渡せる程の高さが良いんじゃないかといろいろ思案。



出来上がったのは・・大きすぎ?(笑)


ベッド

直径1メートル程です ^^;

使ってくれるか心配でしたが・・


ベッド

ガウンのあるベッドの隣に置いといてみると暫く観察。
夜、寝始めは必ず私の足元からだったのに
作ったベッドへピョンと自分から乗ると朝まで眠ったようです♪
この画像は寝起きです ^^

このまま私の場所~♪とわかってくれると良いのですが・・。



布

作成時、春と夏には大いに邪魔してもらいました(笑)
どんどん匂いをつけてね~♪って ^^



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。