猫とワタシ

春 と 夏 と 秋 と 

2008年より縁あって猫と暮らし始め大切なその愛しい足跡を綴っていけたらと思います

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する奇跡

春と夏


4日目の夜春が初めてケージに向かってにゃ~んと夏を呼びました♪
夏は春に触りたくてケージ内から手を伸ばすけど春は応じず・・
でも距離が近くなってるように感じました。

5日目の朝、夏がケージを出たがったけど
側にいた春がちいさく唸ってたのでまだ無理と判断。
でも夏は限界に来てると感じたので春のお昼寝時に出そうとねらってたけど・・
夏もその時間寝ちゃってるし・・深夜に変更~(ーー;)/

その日の夕飯後、洗い物が済んで春を探すと夏のケージ前
接近したケージの柵越しに夏と手を触れ合ってました

深夜です。
春が寝入ったのを確認しケージのお部屋を閉め切り夏をケージから出して
私の見守る中自由に遊ばせてた。
ジャンプ力もさることながら移動が賢く後ろ足での両足立ちが上手!

6日目の朝(昨日)
夜の春はいつも私の隣のベッドで寝て朝一番に私を起こします。
でも6日目の朝は一番に夏へご挨拶に向かったようです。
その様子から私も踏ん切りがつき
朝食後に夏のケージを開け放ちながらケージ内を片付けていると
夏は喜んで飛び出し春と戯れはじめました
そのまま離れた場所から見ていると
春も夏も警戒心はどこへやら・・逃げる様子もなくもちろん威嚇もなく寄り添うように
春が夏を追いかけ夏が春を追いかけて・・
まだぎこちないけれどお互いを確認し合うかのように1時間半も戯れた

夏は春に身体をこすり付けるのです・・・(専門用語忘れました・・汗)
それをにゃん♪と言ってかわそうとする春、でもすぐに夏を追いかけて・・
春の走り方も楽しんでる時の木馬を揺らした時のような飛びはね方で・・

その後夏は自分で寝床のハンモックへ戻り春も居間で寝床を決めそれぞれがお昼寝の準備。
この日のお昼寝はふたりともぐっすり・・

奇跡の瞬間

春と夏

春と夏

春のトイレチェック(笑)
春と夏

私はなんて幸運なのだろう・・
きっとふたりの相性は良かったのです。
保護主さま、一時預かりの方々ほんとうにありがとうございます。
そして申し訳ありません私幸せ独り占めです(*^^*)ゞ

コメントの投稿

secret

やはり、体格差がこれくらいあると、先住の春ちゃんも、何度か見るうちに夏ちゃんが、自分よりも大分、若い子猫だと認識できたのでしょうね。
経過を読んでいて、何だかちょっと嬉しくてうるっとしてしまいました。
きょうだいのように、親子のように・・・仲良くなりそうですね。ホントに良かった。

wooさんありがとうございます♪
読んで頂ける事もほんとに心強いです。
夏をケージから開放出来た事が一番ほっとしています。
今月末頃までを覚悟していました。
春は太り過ぎなので夏との遊びで絞られるといいのですが・・(^^;
そして飼い主は
もう仕事へ行きたくない病を患ってしまいました(笑)

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。